English

文字サイズ 

Facebook Share Tweet Google+ Share

信州高遠美術館

700年余の歴史を持つ高遠は、城下町として政治・経済・交通・文化の中心として栄えました。信州高遠美術館はこのような歴史風土に育まれた豊かな文化芸術的環境のもと、高遠城址公園の南側に、平成4年10月1日開館しました。  収蔵作品は、原田コレクション、郷土作家、郷土ゆかりの作家の作品により構成されています。原田政雄氏は50数年にわたり、親交のあった作家から作品を収集し続けていました。没後、遺族の方によりすべての作品が高遠町(現伊那市)に寄贈されました。その668点を数える原田コレクションが発端となり、美術館建設に至りました。  伊那市は、中村不折、池上秀畝、小坂芝田、江崎孝坪などのすぐれた芸術家を輩出しています。これらの作家に加えて中村琢ニ、平山郁夫など伊那市ゆかりの画家の作品も常設展でご覧いただけます。常設展のほかに企画展、特別展を年数回開催し、ホールや研修室ではミュージアムコンサートや絵画教室などが実施され、多くの方々が参加されています。次世代を担う子どもたちとの関わりを特に重要視して、高校生や保育園児などのギャラリー展も開催しています。  また 中央・南アルプスを望む景色を楽しみながら、喫茶室“パレット”でくつろぐことができます。

住所
伊那市高遠町東高遠400
TEL
0265-94-3666
料金 大人500円、小中学生150円(団体割引あり)
営業時間 9時~17時
定休日 火曜日、祝祭日の翌日、12月28日~1月3日
駐車数 無料(ただし、観桜期のみ有料)
HPアドレス http://www.inacity.jp/

場所を確認する